つれづれになるままに


by pcsusu
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

弟の入院

8月16日(木) 曇り
家に着いたのが6時近くだったため、書くのが遅れてすいませんでした。
朝7時半に家を出て弟を迎えに行きましたが、まだ朝食(サンドウィッチ)を食べているところでした。食べ終わったのを見計らって私の車に乗せ、妹と3人でY総合病院に向かいましたが、行ったことのない者ばかりなため、途中で聞きながら着くことができました。
9時半ごろ受付をしたのですが、内科から脳外科に変更されたりしたため11時過ぎにようやく診察が始まりました。医師は「東京からすぐ転移しなかったことと1人暮らしの状態に置いたことを私たちに責めましたが、最終的に入院を許可してくれ私と妹はほっとしました。
入院に必要な血液、レントゲン、心電図、尿検査などをしてから病室を案内されました。看護師からこの病院での必需品(下着、バスタオル、タオル、テッシュペパー、おむつ、おむつカバー、箸、湯呑み、スリッパ、リハビリ用の靴など言われ売店で買い求めましたが、サイズが合わずに無いため取り寄せてもらうものもありました。自分の持ち物に名前を書いておくようにも支持されましたので、一旦弟の自宅に戻り必需品を名前を明記してから行くことにしました。
途中銀行によって弟の預金口座を作ろうとしたのですが、本人と兄弟であることの証明書を提示してくれと言われその対応に困り、荒い声を出したことから興奮していたため駐車場でコンクリに車をぶつけてしまいました。後ろのバンバーが大きくへこんでしまっていました。
妹を家まで送り届けた後、自宅に戻ったのは18時近くでした。
妹と妻は共にこの入院を喜んでくれましたが、入院費用が頭痛いです。
また地域包括支援センターのYさんには電話で報告し、お礼を言っておきました。
[PR]
by pcsusu | 2012-08-16 19:45 | 今日の行事